フローリングにはコーティング?それともワックス?

セルフのワックスがけは手間が掛かる!【フローリング保護は業者へ】

Construction

素人には難しい

初めてフローリングにワックスがけやコーティングを行なう場合、ほとんど失敗してしまいます。簡単そうに見えて技術や知識が必要になるので、専門業者に依頼する方が効率的と言えるでしょう。

フローリングの塗装で気をつけること

部屋

床材と塗料の相性

フローリングの床材と相性の悪い塗料というものも存在しています。セルフコーティングで失敗しがちな部分として、この相性という部分を考慮せず行なってしまうということが挙げられているのです。

ムラが出来ていないか

ワックスやコーティング剤はただ塗ればいいという訳でありません。何度か重ねて塗ることによって綺麗な光沢と高い耐久度を生み出すことが出来るようになるのです。知識もなく行ってしまうとムラが出来て見栄えが悪くなりますよ。

乾燥時間を考える

一度塗るとワックスやコーティング剤は乾燥するまでに時間が掛かります。気温や天候にもよりますが、長くて半日かかるケースもあるのです。乾燥時間もしっかりと考えて塗るようにしましょう。

塗料の性質をチェック

塗料には撥水性、光沢、耐衝撃性などの様々な性質があります。フローリングの保護を目的としていることには変わりませんが、目的に合う性質の塗料を選ぶことも重要なのです。

フローリングにはコーティング?それともワックス?

座って手をつく男女

フローリングの保護

フローリングに艶を出し、様々な傷から守ってくれるワックスやコーティング剤ですが、どちらにもメリットや長所があります。互いの良い部分を利用してフローリングの保護を行なうようにしましょう。

足元

セルフは危険

ワックスもコーティング剤も自分で行なうのは危険です。汚れが完全に落とせていない状態で行なってしまうと、ただ汚れを保護しているだけになってしまうので余計に汚く見えてしまうこともあり得るのです。

ワックスとコーティング剤の違い

ワックスもコーティング剤も同じようにフローリングを保護します。しかし耐久性や費用などの部分には大きな違いがあるので、その点はしっかりと調べておきましょう。

広告募集中